たまりば

  ペット・動物 ペット・動物  その他 その他


2014年05月24日

高橋ナツコ「失敗してしまったときは その1」

失敗した場所へ首筋を持って連れて行き、鼻をこすりつけるようにして、 「いけない」と言いながら顔を打ちます。

その後は、「こんなことをして」と小言を言うようなしかり方にします。


(2)失敗した場所へ首筋を持って連れて行き,鼻をこすりつけるようにして「いけない」と言いながら顔を打つ。

(3)その後は,「こんなことをして・・・」と小言を言うようなしかり方にする。

以上のような方法で繰り返し繰り返し教えるわけですが、生後四~五か月過ぎた犬はこのしかり方でよいとしても、子犬の場合は強くしかってはいけません。

決められた場所以外でしてしまう失敗があまりたびたび続くようなら、トイレのしつけを始めたころと同じように、犬をいつも観察しているようにしなければなりません。

高橋ナツコ(犬のしつけアドバイザー)


タグ :高橋ナツコ

  • 同じカテゴリー(高橋ナツコ)の記事
     高橋ナツコ「犬には自分が悪いとか飼い主が悪いとかの区別がつかない」 (2014-05-19 03:18)
     高橋ナツコ「トイレのしつけが完全になるまでは」 (2014-05-14 02:04)
     高橋ナツコ「ペット同伴での電車やバス」 (2014-05-09 02:18)
     高橋ナツコ「犬専用のキャリーバッグ」 (2014-05-04 01:05)
     高橋ナツコ「おもちゃは犬に合ったものを選ぶ」 (2014-04-29 01:11)
     高橋ナツコ「最初はゆっくり歩きから」 (2014-04-24 00:15)

    Posted by 高橋ナツコ  at 02:18 │Comments(0)高橋ナツコ

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    <?=$this->translate->_('削除')?>
    高橋ナツコ「失敗してしまったときは その1」
      コメント(0)